Windows10のHyper-VでRemoteFX

仮想化でのGPUとか興味があったので
Windows10でやってみようかと。
物理PCが1台でも複数のOSが動くのはやっぱりおもしろいね。

Windows 2012R2でやるには、
サーバーの役割から
 >リモートデスクトップサービス
  >リモートデスクトップ仮想化ホスト
が必要になります。
ががが
RDS CAL (リモート デスクトップサービス クライアント アクセス ライセンス) が必要で、
RD ライセンス サーバーとかを設定しないと評価版として120日経ったら使えなくなります。

RemoteFXのGPU要件
DirectX 9.0c および 10.0 対応の GPU
Hardware Considerations for RemoteFX

あと調べた限り
・ホストとゲストが同じGPUを使うことは可能
・GPUクロックが高いよりVRAMが多いほうが良い
・GPUとVRAMは独立してないとダメ(Core™ i5-4200Mで動いたらしい!)

要はノートPCだと動かない可能性が高いです。。。
Core i3 M370だと動かなかった\(^o^)/


1)Hyper-Vのインストール
コントロールパネル
 >プログラムと機能
  >Windowsの機能の有効化または無効化
   >Hpyer-V

2)ホスト側のRemoteFXの設定
Hyper-Vマネージャーを起動して、
 >Hyper-Vの設定
  >物理GPU

3)ゲスト側のRemoteFXの設定
仮想マシンの設定から
 >ハードウェアの追加
  >RemoteFX 3Dビデオアダプター

接続には、リモートデスクトップのみになるので注意。
これWindows以外のゲストだとどう動くんだろう。。。

3 thoughts on “Windows10のHyper-VでRemoteFX

    1. ねころく 投稿作成者

      コメントありがとうございます!

      うごくんですねぇ・・・
      Intel® HD GraphicsとIntel® HD Graphics 4600の違いでしょうか。

      返信
  1. 匿名

    こんにちは。
    windows10でやった場合でも 評価版として120日制限があるかどうかが気になるところですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Enter code * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください